テクニックに関することの最近のブログ記事

ライディングしている波から降りること。
波の上を越えるプルアウトや、掘れた波にボードごと突き刺さって裏側に抜けるプルアウトなどいろいろな場合に合わせたテクニックがある。危険を回避し、インサイドまで運ばれないために重要なテクニック。
ターンを覚えたりリッピングのタイミングを覚えるにも大事なのでしっかりマスターしよう。
波に巻かれてしまうこと。
乗っている時、乗ろうとした時などいかなる時も波は思い通りにはならないので、乗る前からよく波をみて危険な巻かれ方をしないように注意しましょう。
足に着ける足ひれのこと。
沖に出る時だけではなく、波にテイクオフする時にフィン漕いでスピードを出す。
テイクオフの時には力が入ってしまいやすい動作なので、フィンは水中でゆっくり漕ぐようにしよう。
基本姿勢で頭が下がるとお尻が浮かんでしまい、せっかくのビーティング(フィンで漕ぐ動作のこと)が水面に出てしまいます。
いくつかの言葉の前に付く事で方向を示す。
テイクオフから左側に走っていく波を「グーフィーブレイク」と呼ぶ。
ドロップニーでテイクオフから左側に走る波がフロントサイド(胸と波が正対する姿勢)になる人を「グーフィースタンス」などと呼ぶ。
⇔レギュラー
いくつかの言葉の前に付く事で方向を示す。
テイクオフから右側に走っていく波を「レギュラーブレイク」と呼ぶ。
ドロップニーでテイクオフから右側に走る波がフロントサイド(胸と波が正対する姿勢)になる人を「レギュラースタンス」などと呼ぶ。
⇔グーフィー
ボードが動き波の上を向きを変えながら動くことをマニューバーという。
「~なマニューバーを描きたい」とか「あの人のマニューバーは綺麗!」なんて使い方をする。
直線ばかりで単調なライディングには「マニューバーが無い」なんて言われてしまう。
走っている進行方向からピーク側に戻る動作のこと。
走りすぎて波のブレイクゾーンから離れてしまった時に有効なマニューバー。
上級者はわざとショルダーまで走って大きなカットバックなどで魅せることもある。
肩膝立ちでボードに乗るライディングスタイルのこと。
不安定なボードに全身が乗るのでバランスがとても難しいが、ドロップニーならではのライディングが出来るので男性を中心に人気が高い。
沖に出る際に、沖からやってくる波を潜り抜ける動作のこと。
波乗りは沖に出れないと乗れない厳しいスポーツなので、まずはこのドルフィンスルーが出来ないと良い波に乗れなかったりする。
そうした意味でもこれは大切な技術の一つ。大きな波でも上手に沖まで出られればたくさん良い波に乗れることになるのでしっかり練習しよう。
リッピングの一種で、リップから飛び出しエルロロに加えスピンの動作を空中で行う難易度の高いテクニック。
メンズの上級者はもちろんのこと、最近ではウィメンズのトッププロでもコンテストで成功させることが増えてきた。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちテクニックに関することカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはボードに関することです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。