道具に関することの最近のブログ記事

擦れから肌を守る薄手の伸縮素材で出来たシャツ。
夏の水着のシーズンなどにボードでお腹が擦れるのを防いでくれる。
袖なしから長袖まで種類があり、中にはUVカットのものもあるのでデザインにあわせて選んでみよう!
ウェット素材で出来た同様のシャツは「タッパ」と呼ばれる。⇒ウェット参照
ウェットスーツやラッシュガードの素材で出来た海用靴下。
フィンによる擦れやサイズあわせなどで使用する。タイプも夏用の短いものから冬用の起毛素材で出来た長いタイプまで様々なものが市販されている。
あまり厚めのものを選ぶとフィンがきつくなってしまうので実際に試してから買うようにしよう。
ボードと体をつなぐコード。
ボードと体にベルクロなどで取り付ける。
主に手首、肘、腕用のタイプがありそれぞれに使い心地や耐久性の差があるので信頼できるブランドを選ぼう。
絶対に取れない・切れないものではないので大きな波が来てボードを離して潜らないように!
ウェットスーツは寒さから体を守るネオプレーン製のスーツ。
季節によって使い分ける。下記の様に様々なタイプがある。

タッパ:上半身のみのウェットスーツで半袖、長袖のタイプがある。
ショートジョン:上が袖なし、下が半ズボンの一体型タイプ。
スプリング:半袖半ズボンタイプ。
ロングスリーブスプリング:ロンスプなどと呼ばれ、長袖半ズボンのタイプ。水は温かいが気温が寒い時に適す。
シーガル:半袖長ズボンタイプ。気温が高いが水温が低い時に適す。
フルスーツ:3ミリ、5ミリなどの素材で出来ている長袖長ズボンタイプ。ファスナーが防水仕様になっているもの、ファスナーの内側にウェットの膜が入っているものはセミドライと呼ばれる冬使用するタイプ。

出来合いのものもあるが、体の形はそれぞれ違うのでオーダーメイドのウェットをお勧めします。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち道具に関することカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはルールに関することです。

次のカテゴリは海に関することです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。